令和3年度スローガン
Connect!~自企業、仲間、そして未来へ~

関商工会議所青年部(以下関YEG)は、1979年(昭和54年)2月14日に発足し、今年42年目を迎えます。これも偏に、私たちを時に厳しく、時に優しく、熱い想いでご指導くださった地域の皆様や各先輩方のお陰であります。心から感謝申し上げます。

さて、令和元年の12月、世界は新型コロナウィルスという大きな災禍に見舞われました。穏やかな暮らしが一変し、多くの命が奪われ、私たちはこれまでの日常から一定の距離を引き離される生活を余儀なくされました。そして、医療崩壊・感染拡大を防ぎ大切な人を守るため、我が国も数多の経済活動を自粛しこれに努めました。

その結果、自営業者である我々の多くが深刻な影響を受けました。経済損失は世界全体で1,000兆円以上と推定され、経済産業省のリポートによると、日本経済の損失は対GDP比でマイナス6.1%、約30兆円以上にも上ると試算されました。この経済活動の縮小に合わせるかのように、令和2年度の青年部活動は、殆どの例会や委員会、懇親会が中止もしくは制限され、人と人、心と心の繋がりが希薄になり、41年の間紡がれてきた団結と連帯の灯火が、このまま消えゆくのではないかという危機感に苛まれております。

そこで、令和3年度のスローガンは「Connect!~自企業、仲間、そして未来へ~」としました。Connectとは、和訳すると『繋ぐ』という意味です。

ご存じの通り、YEG活動の根幹は自企業の発展であります。しっかり稼ぎ、税を納め、地域に貢献し、家族や従業員の生活を守る、これを継続することが私たち経営者の責務であります。新型コロナウィルスのような未曾有の困難が突如襲ってこようとも、我々は大きく急速に変化し経済活動を続けていかなければなりません。決して簡単な事ではありません。しかし、我々にはYEGがあります。同じ時を生きる仲間がいます。同志と知恵を絞り、学び多き例会を作り、そこで得た術を自企業へ繋ぐ。その苦楽を共にした時間が強い絆を生み、心から信頼できる仲間を作り、そこから仕事へと繋がる。大きな変化は大きなチャンスでもあります。新しい生活様式の推進は、地方創生を今後も益々加速させていきます。民間と行政の垣根を越え、共に更なる地域の発展を目指すことが、サスティナブル(持続可能)な社会を作り、新たなビジネスを生みます。未来へ向けて繋いでいきましょう。

1年間、どうぞよろしくお願いします!

令和3年度 関商工会議所青年部
会長 小林 慶三

関YEG 最近の活動

関YEG新入会員募集について
関YEGに関するお問い合わせはこちら
関YEG 公式facebookページ
PAGE TOP